【美大合格を目指す】新宿美術学院の魅力を徹底解剖

ウーマン

入学しやすい試験法

女性

推薦入試は、高校などからの推薦を受け大学入試を受けるといった受験方法である。入試試験では、高校などからの推薦書や成績書などの書類選考と面接試験が中心となる試験である。推薦入試では、一般的には公募制の推薦入試と指定高推薦がある。指定校推薦では、大学などが高校に対し推薦者を求める試験方法となる。その為、指定校推薦では、高校での推薦が得られた学生はほぼ確実に受験大学などに合格することができる。これに対して、公募制の推薦入試では広く高校などに対して推薦者を出してもらう推薦入試になる。指定校推薦に比べ、学校内での推薦が得られた場合でも他校の学生との比較があるため、必ずしも合格するという推薦入試ではないという特徴がある。学校内での成績などが良い学生で、希望の大学などが指定校推薦の学校として含まれている場合には特に推薦入試の活用が効果的になる。推薦入試では、一般入試などとの併願が不可とされていることも多いため、希望の学校が明確になっており推薦を受けられそうな場合のも活用が良い。推薦入試では、学校における成績が重視されるため、これらの入試方法を活用する際には学校内での成績を上げておくことが重要になる。また、小論文や面接試験が試験項目の中心になる。その為、小論文対策や面接対策を行っておくと合格できる可能性がより高くなる。一般入試に比べ、学校内での推薦を取ることで入学しやすい試験方法となるため、活用による効果も大きい。