【美大合格を目指す】新宿美術学院の魅力を徹底解剖

ウーマン

志望校合格へのポイント

女の子

塾と家庭教師の併用術

全てのケースに当てはまるとは言えないものの、中学受験の入試問題で合否を決める科目として代表的なものが算数になります。特に難関校の場合、小学校で習う水準の算数ではとてもたちうちができないレベルと言えるでしょう。そんな問題が中学受験では当然のように出題されます。中学受験の中でも算数という科目は、独学での対応が難しい科目です。基本的には進学塾や家庭教師の指導を必要とする事になるでしょう。例え算数が得意な受験生であっても、中学受験ならではの対策が必要です。受験校の特徴や限られた時間内で問題を解くポイントなどの知識は、専門的な分野の進学塾の講師や家庭教師に教えてもらうのが一番です。他の科目に比べると小問の配点が高くなってしまうので、解けない事でのマイナス面は大きくなってしまうのも算数の特徴です。しかし配点が高いからこそ、しっかりと解ければ中学受験時に合格の決めてとなる科目になると考えられます。中学受験での算数は、主に計算力や発想力を求められる問題が多く出題されるでしょう。日頃から数多くの類題や過去の頻出問題を解き、理解をしておけば充分な対策をする事が可能になります。時間内に正確に解くためのポイントを塾でしっかりと学びながら、万全を期すという意味でも家庭教師の指導を受けるのも良いです。自分の力にしていく事が、中学入試当日に力を発揮できるポイントにもなるでしょう。国語をはじめとする中学受験に必要な他の科目を軽視するわけではありませんが、算数が合否をわける重要なポイントになる事は間違いありません。出来る範囲の対策を取る事が重要になるでしょう。