【美大合格を目指す】新宿美術学院の魅力を徹底解剖

先生と生徒

充実した授業内容

勉強

新宿美術学院は新宿に本校を持つ美術学校です。この美術学校は全国的に有名な芸術大学(芸大)や美術大学(美大)の合格実績が高いことで評判です。授業の科目には油絵科や日本画科、彫刻科、さらにデザイン工芸科や映像科などがあります。新宿美術学院の授業内容は独自のカリキュラムを使っているので、カリキュラムをこなしていけば有名芸大、美大への合格が可能となります。最近の芸大、美大の入学試験内容は変化に富んでいて傾向と対策を考えるのがとても難しい状況にあります。新宿美術学院は豊富なデータを基にした指導が行われているので合格率が高くなると考えられます。授業はクラス制なので作品を制作するときには他の生徒の刺激を受けながら自分の作品を完成させることができます。また担任制なので担任の先生から個人的なアドバイス、指導が受けられるのも大きなメリットです。新宿美術学院では授業内容に面接指導が含まれています。作品や画集などを使った面接が一人ひとりの個性を見極め、多様な価値観を引き出し芸術に関する感性を磨き、技術の向上を助けます。新宿美術学院には高校生を対象とした昼間部、高校3年生を対象とした夜間部があります。昼間部は一日6時間で一人ひとりのペースにあわせて課題に取り組みます。夜間部は昼間他の学校に通いながら美大や芸大の合格を目指すコースで、推薦入試や留学生試験にも対応しています。また美大合格を目指す社会人や遠方の生徒が土曜日と日曜日に通える土日受験科もあります。新宿美術学院には一日体験講習や夏期講習もありますので、美大や芸大合格を目指す人はチャレンジしてみることをおすすめします。

女の子

志望校合格へのポイント

算数が苦手だという生徒は多いです。中学受験を考えているのであれば、進学塾に通ったり家庭教師を雇ったりするのが一番です。この年代の算数には計算力はもちろん、高い発想力も求められるでしょう。

レディ

資格をより早く取得

短大には、大学と専門学校の両方のメリットがあります。大学と同じように、専門分野以外の学習もできる上に、卒業すれば学位が授与されます。そして専門学校と同じように、2年で国家資格を取得することが可能となっているのです。そのため、学位と短期間での資格取得とを希望する人の多くが、短大に進学しています。

女性

入学しやすい試験法

推薦入試は、学校からの推薦を受けて入試を受ける試験になる。その為、学校内での成績が良い学生などでは特に向いた試験方法になる。推薦入試では、小論文や面接試験が中心になるため、これらの事前対策を行っておくと良い。